2010年08月16日

GARNET CROW 「All Lovers」

51t+Tj8yCbL._SS500_.jpg


GARNET CROW 「All Lovers」
 GZCA-5222
発売日:2010年8月4日 価格:3,000円

1. Mr.Holiday
2. Love Lone Star
3. やさしい雨~相思相愛 ver.~
4. 今日の君と明日を待つ
5. CANDY POP
6. over blow
7. 幸福なペット
8. Cried a little
9. U
10. 春待つ花のように
11. WEEKEND
12. wonder land
13. もう一度笑って
14. the first cry
15. 恋する事しか出来ないみたいに~恋の蕾 ver.~
16. 空に花火

"大切な人に贈りたい曲、聴いてもらいたい曲"をコンセプトにセレクトされた今作は、”All Lovers”のタイトルそのままに、様々な”愛のかたち”が詰まった作品。

※上記、公式ホームページの文面を転載したものです。


今月下旬の8月26日、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の共演によるコンサートが催されるそうで、当公演のコンセプト「大切な人に贈りたい曲、聴いてもらいたい曲 『様々な”愛のかたち”』」の基に選曲されたアルバムになっています。
ほぼ既発曲で占められているものの、シングルカップリング曲・アルバムオリジナル曲からの選曲であり、シングル曲は一切無し。
ベストアルバムとも肩を並べる並ぶ、バラードセレクションアルバム。


バンドの特色として、恋愛にまつわる感傷的なバラード曲(素直な解釈をしづらいものが多々ありますが、笑)が多い中、このアルバムである程度、GARNET CROWのバラードの色合いを十分に堪能できる作品に仕上がっているように感じます。


真っ直ぐに愛を表現せず、さまざまな物語・風景・仕草をメロディにのせ歌い上げ、そこからインスピレーションされる世界を堪能する。彼らの楽曲で私が好いている部分であり、私がバラードを好きになれた原動力でもあります。
今回初の音源化となる「空に花火」もそんな一曲。秀作です。


学生時分に聴いていた頃と、今聴いて思い浮かべる風景や物語は、かなり異なってきています。五捨六入でも30となる年齢まで到達しましたが、箱庭の中の箱庭で過ごしていた日々と現在では、見えるものも考えるものもずいぶん変わってしまいました。当たっても感じなかったものが、触れるだけで激情が沸き起こる、個人的な変化も感じ取ることができました。

付録を開く
posted by 優 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。