2011年02月27日

Dreamless World

最近、10年以上前のSIAM SHADEのアルバムを購入しました。
SIAM SHADEと聞いて、「グレイシャルLOVE」「1/3の純情な感情」「せつなさよりも遠くへ」あたりが思い浮かんでいたんですけど(というか他に知らなかった)。

きっかけはYou tubeで観たライブ映像ですが、これほど骨太なハードロックなバンドだったんだと衝撃を受けたのがはじめに抱いた思い。メロディの良さと演奏技術の高さ、もう少し早く知りたかったし、聴きたかった。

とりあえずメジャー初となるアルバム『U』を購入して聴いてます。1曲目の「Dreamless World」、とんでもなく格好いい。

付録を開く
posted by 優 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

hereafter

「ヒアアフター」を観てきました。
自らの臨死体験や家族の死に直面した3人の人間が、死した人の行きつく世界に触れ、各々生きることへの苦悩を描いた作品。
(まとめるとだいたいこんな感じかと・・・自信ありませんが、苦笑)
苦しむ姿が3者3様だが、同様の死の世界に囚われている。その3人が交わり、生に対し安らぎを得る。

作品を観る前は、死について何らかの提示があるのかと思っていましたが、明確な回答はありませんでした。
テレビのインタビューでクリント・イーストウッド監督がコメントされていましたが、「死に囚われていたら、生きることを楽しめなくなる」。今思えば、本作はその言葉通りの作品かと思います。

特に難しい展開もなくすっと入り込んでくるので、感じたままに観れる映画。個人的には非常に楽しめました(ほっとするというか。)

付録を開く
posted by 優 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。