2008年10月07日

「容疑者Xの献身」を観ました

日曜日に難波まで「容疑者Xの献身」を観てきました。
今回は対決相手が数学者ということで、今までのような大がかりなトリックはありませんでした。映画も犯人視点の部分も多く、犯人の心象に触れる描写が多かった。TV版とは少し趣は異なる感じはします。原作小説は読んだことはありませんが、東野さんらしい感じがしました。
なかなか面白かったです。

昼ごはんに天ぷらを食べましたが、きすの天ぷらはやはり美味しい。
言いたいのはそれだけ。
posted by 優 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。