2013年09月22日

GARNET CROW 個人的なベストアルバム作ってみました

GARNET CROWのファン信任投票によるリクエストアルバム発売をきっかけに、個人的なベストアルバムを作ってみました。CD 2枚分、1枚あたり50分程度に収めています。

【DISC1】
1 この冬の白さに
2 Hello Sadness
3 trade
4 冷たい影
5 call my name
6 夏の幻
7 この手を伸ばせば
8 Sky
9 クリスタル・ゲージ
10 Timeless Sleep
11 Holy ground

【DISC2】
1 水のない晴れた海へ
2 Last love song
3 忘れ咲き
4 Rhythm
5 U
6 今日の君と明日を待つ
7 未完成な音色
8 静寂の concerto
9 スパイラル
10 夢みたあとで
11 君 連れ去る時の訪れを


その当時、何回も聴いて、心の奥底にしみついた楽曲ばかりです。
ミディアムバラードの良さを感じれるかなぁと。ちょっと重いかもしれないですが。
posted by 優 at 10:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

GARNET CROW livescope 〜THE FINAL〜

6月9日(日)、場所は大阪国際会議場 グランキューブ大阪。
軽快なポップソング、どっしり・しんみりとしたミディアムバラード、激しく情熱的なロックサウンド。
余すところ無くGARNETの魅力を満喫できた一日でした。

001.jpg

終了のアナウンスが流れる中、観客全員の大合唱。
最後の最後で、最高の一体感が生まれました。寂しさなぞどこへやら、心地よい高揚感を感じました。


※画像は「ORICON STYLE」より拝借しました。
http://www.oricon.co.jp/news/music/2025398/

GARNET CROWの方々
posted by 優 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

2012-2013の冬に気になった楽曲たち

今冬の連休、スマートフォンに変え、買い物、ランニング以外の空いた時間でずっといじりまわしてました。
You tubeの動画で見て、気に入った楽曲を下記に記載します。

いずれもキャッチーなメロディ。すんなり入ってきて聴きやすく、なかなか耳から離れてくれない。

乃木坂46「制服のマネキン」
Lady Antebellum 「Need You Now」「Just A Kiss」



続きを読む
posted by 優 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

GARNET CROW 「メモリーズ」

9枚目のアルバム。2011年12月7日発売です。
通勤のお供に、楽しく聴いています。

所見を簡単に書きます。

gzca-5241.jpg

GARNET CROW 「メモリーズ」


1. Smiley Nation

サビのノリのいいメロディとVo.が心地良い。
アルバムの中で聴くとその良さをより感じました。

2. live~When You Are Near!~

疾走感のある展開が気持ちいい。
ドラムを生演奏で収録し直したそうです。

3. JUDY

お得意ジャンル、情熱に満ちたミディアムバラード。
大サビ前の間奏の盛り上げ方が大好きです。

4. Misty Mystery

打込み主体の硬質デジタルサウンド。
体言止め連発、感情が高揚するような感覚がたまらない。

5. 一緒に暮らそう

A、Bメロのアンニュイな雰囲気から、疾走感のあるサビメロ。
バンドサウンドに洒落た詞も相まって、めちゃめちゃ格好イイ。


6. メモリーズ

表題曲。ABメロの気だるい感じから、サビで突き抜ける解放感。
バンドサウンドだけど、どこかロックぽくなくてスッと入ってくる感覚は新鮮です。


7. 静寂のconcerto

全体を通してコーラスワークの美しさが際立つ。
サビ以上に間奏・アウトロのメロディがとても秀逸。

8. 創世記 I

イントロのギターメロ、サビの伸びやかなVo.が印象的。

9. ロンリーナイト

シンセリード全開、ノリのいいデジタルサウンド。
サビ終わりの間奏のメロディが好きです。


10. 英雄

陰鬱としたメロディながら、美しく強く歌い上げられている。
人が渇望するは、特別且つありふれた何か。

11. Blue Regret

情景が浮かんでくるメロディの良さ。
バラードとしてこの1曲で綺麗に完結しています。


ミディアムバラード、硬質デジタルサウンド等を織り交ぜてバラエティに富んだ仕上がり具合。後半の楽曲構成の流れも既発アルバムと同様で一定の型が出来上がっており、新鮮さは感じませんでしたが、GARNET CROWらしさというか、ホームグラウンド的安心感はありました。
どの楽曲も聴くたびに新たな発見があり、バラード、ポップス職人の細部までの“こだわり”を今回も見せてくれています。


好きな楽曲に、「Misty Mystery」「一緒に暮らそう」「静寂のconcerto」「英雄」を挙げます。
(4曲もあげるのは少し卑怯ですかね…。本当は「JUDY」も入れたいんですけど。)


付録を開く
posted by 優 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

Dreamless World

最近、10年以上前のSIAM SHADEのアルバムを購入しました。
SIAM SHADEと聞いて、「グレイシャルLOVE」「1/3の純情な感情」「せつなさよりも遠くへ」あたりが思い浮かんでいたんですけど(というか他に知らなかった)。

きっかけはYou tubeで観たライブ映像ですが、これほど骨太なハードロックなバンドだったんだと衝撃を受けたのがはじめに抱いた思い。メロディの良さと演奏技術の高さ、もう少し早く知りたかったし、聴きたかった。

とりあえずメジャー初となるアルバム『U』を購入して聴いてます。1曲目の「Dreamless World」、とんでもなく格好いい。

付録を開く
posted by 優 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

GARNET CROW 「All Lovers」

51t+Tj8yCbL._SS500_.jpg


GARNET CROW 「All Lovers」
 GZCA-5222
発売日:2010年8月4日 価格:3,000円

1. Mr.Holiday
2. Love Lone Star
3. やさしい雨~相思相愛 ver.~
4. 今日の君と明日を待つ
5. CANDY POP
6. over blow
7. 幸福なペット
8. Cried a little
9. U
10. 春待つ花のように
11. WEEKEND
12. wonder land
13. もう一度笑って
14. the first cry
15. 恋する事しか出来ないみたいに~恋の蕾 ver.~
16. 空に花火

"大切な人に贈りたい曲、聴いてもらいたい曲"をコンセプトにセレクトされた今作は、”All Lovers”のタイトルそのままに、様々な”愛のかたち”が詰まった作品。

※上記、公式ホームページの文面を転載したものです。


今月下旬の8月26日、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の共演によるコンサートが催されるそうで、当公演のコンセプト「大切な人に贈りたい曲、聴いてもらいたい曲 『様々な”愛のかたち”』」の基に選曲されたアルバムになっています。
ほぼ既発曲で占められているものの、シングルカップリング曲・アルバムオリジナル曲からの選曲であり、シングル曲は一切無し。
ベストアルバムとも肩を並べる並ぶ、バラードセレクションアルバム。


バンドの特色として、恋愛にまつわる感傷的なバラード曲(素直な解釈をしづらいものが多々ありますが、笑)が多い中、このアルバムである程度、GARNET CROWのバラードの色合いを十分に堪能できる作品に仕上がっているように感じます。


真っ直ぐに愛を表現せず、さまざまな物語・風景・仕草をメロディにのせ歌い上げ、そこからインスピレーションされる世界を堪能する。彼らの楽曲で私が好いている部分であり、私がバラードを好きになれた原動力でもあります。
今回初の音源化となる「空に花火」もそんな一曲。秀作です。


学生時分に聴いていた頃と、今聴いて思い浮かべる風景や物語は、かなり異なってきています。五捨六入でも30となる年齢まで到達しましたが、箱庭の中の箱庭で過ごしていた日々と現在では、見えるものも考えるものもずいぶん変わってしまいました。当たっても感じなかったものが、触れるだけで激情が沸き起こる、個人的な変化も感じ取ることができました。

付録を開く
posted by 優 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

GARNET CROW Special Countdown Live 2009-2010

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

今年の年明け、GARNET CROWのカウントダウンライブに参加していました。
会場はNHK大阪ホール。谷町4丁目下車すぐ。

reference_barks.jpg
※画像は、下記リンク先ページより拝借しています。
東京NHKホールは紅白、大阪NHKホールはGARNET CROW


今回の演目、新旧・シングル・アルバム・カップリング曲問わず懐かしいものから初めて聴くことができた曲もあり、ファンとしては贅沢なラインナップでした。「Go For It」があれだけ格好いいロックナンバーになるとは思いもしなかったなぁ・・・。
7thアルバムのツアーに行けなかったので、「Elysium」が聴けたのはとても嬉しかったです。

今年で10年目。私が聴きだしたのも高校生の頃ですから、ずいぶん長〜いお付き合いをさせていただいています。一曲一曲に、聴いていたときの状況や心境などが刻まれていて、どの楽曲も思い入れ深い大切な作品ばかりです。
演奏者としてのパフォーマンスも完成度がどんどん上がってきています。今後も時間の都合をつけて参加したいものです。
posted by 優 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

Stay 〜夜明けのSoul〜

「Hello Sadness」=「悲しみよ こんにちは」。相変わらず、すごい表題ですね・・・。
曲中にも出てくる、フランソワーズ・サガン(1935-2004)著の小説に、同じ表題のものがあるらしいですが、たぶんここから由来したものでしょう。
「サガン -悲しみよ こんにちは-」という映画もあるみたい。面白そう。
http://www.sagan-movie.com/


AL7.jpg

GARNET CROW 「Stay 〜夜明けのSoul〜」
発売日:2009年9月30日

1. Hello Sadness
2. 百年の孤独
3. 花は咲いて ただ揺れて(Album ver.)
4. Elysium
5. Doing all right
6. ON THE WAY
7. Stay
8. 日々のほとり
9. 夢のひとつ
10. Fall in Life~Hallelujah~
11. Rainy Soul
12. 恋のあいまに


AMAZONのレビューを拝見する限り、なかなか好評のようで。
かく言う私も、同意見。

初めて聴いたとき、今までのアルバムで、これほどまで真っ直ぐに愛だ恋だを詠った楽曲が詰まったものってあったかなぁと、つい思い返してしまった。楽曲自体はたくさんある気がするけど、ここまでまとめてぶつけられたことが無かった(はず)ため、正直驚いた。
以前Vo.の中村さんが何かの対談で、アルバムにコンセプトは起たせない、と語っていたが、これでテーマなんか無いわよっていわれても、私は信じませんよっと。

今作、私は一連の流れを感じたんですよね。
オルタナバンド?と一瞬思ってしまった、荘厳なイントロが印象的な「Hello Sadness」では、離れた“君”を思う心中を情熱的に唄い、憂いさを感じるギターメロが印象的なロックナンバー「Elysium」(英語読みではエリシウム?)では、孤独の中で沸き起こる感情を訴える。
表題曲でもある、ドラマティックなメロディのミディアムナンバー「Stay」で、愛に迷う心を切なく唄いあげ、疾走感のあるメロディが心地良い「Fall in Life 〜Hallelujah〜」で、根拠のない希望ながらも、明るい未来を妄信する様子を唄う。
ロックバンドらしからぬ雰囲気を醸しだす、憂いと儚さを覚えるピアノが印象的な「Rainy Soul」で愛の終わりを知ったときを唄い、安堵感を覚えるメロディと重くのしかかる詞のマッチングが絶妙な「恋のあいまに」で、その後に残る、複雑な想いを唄いあげる。
聴き終わった後、一つの物語を聞いたかのような印象を受けた。

サウンド面。中村さんの声量も声域も大きくなったのか、高音時の突っ張った感じはあまり無く、スムーズに歌い上げている点は好印象。
作品の指向のためか、オルガンやピアノパートがこれまでの作品よりも多い印象。聴き当たりは凄く良かった。

このご時世で、ポップスとして歌う詞か?と、歌詞カードを見て思わないこともなかったりします。
世間の印象よりも、ファンの方々の年齢層が高いのも頷ける。

以上、現状における、今作の私なりの感想でした。
記事作成時点で気に入ってる楽曲に、「Elysium」「Rainy Soul」「恋のあいまに」を挙げておきます。


GARNET CROW - Stay 【PV】
posted by 優 at 03:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 音の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。